自作のユピテル・スイングトレーナー用データ閲覧ソフトを公開しました。

stdviewer

練習場では、ユピテル・スイングトレーナー(GST-5W)を使っています。

このスイングトレーナーは大変便利な代物で、ヘッドスピードとボールスピードを計測して、ミート率と推定飛距離を計算して表示してくれます。

打球の飛距離が思ったよりも出なかった時に、きちんとミート出来ていない為か、ヘッドスピードが足りなかったのか、など原因がはっきりわかります。

打球のデータは本体のメモリに蓄積されて、SDカードを経由でパソコンに取り込む事が出来ます。

ユピテルから無料のデータ管理ソフトが公開されており、平均値などのデータを見ることが出来ますが、練習日ごとの推移やばらつきを見る事が出来ないなど、かなり不便な点があります。

データはCSV形式なので、EXCEL上で加工してデータを見ていたのですが、そのうち面倒になってきて、自分でデータ閲覧用のソフトを作ることにしました。

ユピテルのデータ管理ソフトとの大きな違いは、

 ・番手別に練習日毎のデータ推移が見られるため、日々の上達度合の容易に把握出来る。
 ・ミスショット数(距離不足)やばらつき(偏差)が表示される。
 ・一球ごとのデータを表示して飛距離、ミート率などでソートして表示が出来る。

と言う点です。

フリーソフトとして無料で公開していますので、よろしければダウンロードしてお使いください。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/home/se512501.html


【2016/03/03 追記】
対応機種について
※打球データをPCに取込可能な機種で使用可能です。
GST-6W,GST-5W,GST-5G,GST-5 Cam,GST-5 Arc,
GST-4,GST-3 Pocket,GST-3GN,GST-3A(K),GST-3A(W)

スポンサーリンク

シェアする

応援する
応援する
にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフラウンド日記へ