【練習ラウンド】つるやゴルフセンター神崎川ショートコース 2016/03/15

つるや神崎川ショートコース1番ホール

今日は家内のコースデビューを兼ねて、つるやゴルフセンター神崎川ショートコースに行ってきました。

午前中は少し気温が低かったので、正午前に到着するようにして昼食をとった後、併設の練習場で軽く練習をして13時頃からラウンドを開始しました。

楽天家の私と違って心配症の家内は「右に打ち込んだらどうしよう、前に飛ぶかな」「後ろの組に追いつかれて大渋滞が出来たらどうしよう」など心配ばかりしています。

このコースは、9ホールを1時間以内で廻ればスロープレイではないので、特別ルールとして家内には「10打目を打ったらその時点でギブアップ終了」「木や金網など障害物が近くにある場合は、1クラブ以内ドロップではなく、前方に障害物がないところまで無罰で戻して良い」としてラウンドしました。

ティーグラウンドで順番を待っている間、他の組がスタートするのを見ていると、空振りする人やチョロをしてティーグラウンドからこぼれた球を拾い上げて、もう一度ティーショットする人達がいて家内もすっかり安心したようです。

さて、家内の人生初のホールですが何とか10打でカップイン。ギブアップと同じ打数ですが何とかホールアウト出来ました。

続いて2番のティーグラウンドに向かいます。
つるや神崎川2番ホール
距離は63Yで、手前に大きなバンカーが口を開けていますが、この2番と次の3番をトリプルボギーでなんとか乗り切ります。

自信がついたのか、4番、5番、6番を全てボギーで廻って「どうしてもパーが取れない」と大胆な事を言い出す始末です。(笑)

7番はダブルボギーでしのぎ、残るは8番・9番でしたが残念ながら8打,9打と叩いてしまい、56打という結果に。

つるや神崎川9番ホール

ほとんど練習していないはずのパットが妙に上手で、初心者にありがちな短い距離のパットを行ったり来たりが無かったので、理由を聞いてみたところ、二階のゴルフ部屋の練習グリーンで昼間にこっそり練習していたとのこと。

学生時代に読んでいた中嶋常幸プロのレッスン書でパットに関する事を今でも覚えていて、その時に自分の部屋で練習していた状態を再現しているのですが、今でもその理論は普遍のようです。

ちなみに私のスコアは+10の37打と言う結果でした。ショットが左右にぶれてアプローチも全く寄りませんでした。

また次のラウンドに向けての練習を頑張りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

応援する
応援する
にほんブログ村 ゴルフブログへ にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフラウンド日記へ